Tag: 競馬

3歳馬が集う共同通信杯|トキノミノル記念の歴代優勝馬と歴史

3歳馬が集う共同通信杯|トキノミノル記念の歴代優勝馬と歴史

1969年から(トキノミノル記念)の副称がつけられております。 副称のトキノミノルは、1951年の皐月賞・東京優駿(日本ダービー)の優勝馬です。 東京優駿に出走して優勝してから17日後に破傷風で死亡し、トキノミノルは幻の馬と言われてきました。 出走レース10戦10勝です。1984年には顕彰馬に選出されました。 東京競馬場にはトキノミノルの銅像が建てられています。 共同通信杯の年表|トキノミノル記念 1967年 現3歳馬限定の重賞レースとして東京4歳ステークスのレース名で、東京競馬場の芝1400mで第一回が施行される。 1968年 中山競馬場のダート1700mで開催される。 1969年 トキノミノル記念の副称をつけて施行される。 1972年 馬インフルエンザの影響で5月に福島競馬場で開催。 1979年 中山競馬場の芝1800mで開催される。 1983年 レース名を共同通信杯4歳ステークスに変更される。 1984年 GⅢに格付けされる。 1993年 外国産馬が出走可能になる。 1998年 積雪のためダートコースで開催されたため、格付けが取り消しになる。 2001年 競走条件3歳に変更、合わせてレース名も共同通信杯に変更された。 2003年 中山競馬場の芝1800mで開催される。 2009年 外国調教馬が8頭まで出走可能になる。 共同通信杯の賞金 |トキノミノル記念 1着 3800万円、2着 1500万円、3着 950万円、4着 570万円、5着 380万円 共同通信杯の歴代優勝馬|トキノミノル記念 回数 施行日 場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 調教師 第1回 1967年2月5日 東京 1400m ホウゲツオー 牡3 01:25.5 加賀武見 山岡寿恵次 第2回 1968年2月18日 中山 …

+ Read More

ジャパンカップ|日本一の賞金をジャパンカップでゲットしよう!

ジャパンカップ|日本一の賞金をジャパンカップでゲットしよう!

ジャパンカップの賞金 1着 3億円 2着 1億2000万円 3着 7500万円 4着 4500万円 5着 3000万円 1着賞金額は日本競馬で最高額になっています。 ジャパンカップの年表 1981年 第1回はアメリカのメアジードーツが、当時のJRAレコードで優勝 1983年 地方競馬所属馬も招待対象に 1984年 グレード制導入。G1に格付け。カツラギエースが日本馬として初勝利。 1992年 国際G1に指定される。 2002年 中山競馬場(芝2200m)で行われる。 2008年 秋季国際G1競走シリーズ「ジャパン・オータムインターナショナル」に指定される。 2010年 1位入線のブエナビスタが直線で2位入線ローズキングダムの進路妨害により、2着降着。優勝馬はローズキングダムに 2,019年外国調教馬出走0頭。 日本馬の活躍 創設時は外国招待馬の活躍が目立ち、第4回でカツラギエースが勝ったのが最初で外国招待馬の活躍が目立ちましたが、外国招待馬の減少もありますが日本馬の勝率が上がっていきました。 1981年から2019年まで外国馬、日本馬の勝ち数は39回で日本馬25勝、外国馬14勝になっている。 ジャパンカップの歴代優勝馬 回 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 第1回 1981年 東京 2400m メアジードーツ 牝5 USA 02:25.3 C.アスムッセン 11月22日 第2回 1982年 東京 2400m ハーフアイスト 牡3 USA 02:27.1 D.マクベス …

+ Read More