Tag: 競馬

マーメイドステークス|歴代優勝馬・歴史・競馬予想

マーメイドステークス|歴代優勝馬・歴史・競馬予想

マーメイドステークス|レースの概要 マーメイドステークスは1996年の牝馬競走体系の整備によって新設された、現3歳以上の牝馬限定のGⅢレースです。 創設当初より2005年までは負担重量規定は別定戦で、GⅠレースで実績のある馬の出走も多く見られた。 2006年にハンデキャップ戦になってから、トップクラスの牝馬は安田記念や宝塚記念に出走するようになり、波乱のあるレースになっています。 競馬場・距離は第1回より現在まで阪神競馬場の芝2000mで開催されています。(2006年京都競馬場開催除く) ⁂競走条件 *出走資格ーサラ系3歳以上牝馬 *日本中央競馬会所属馬 *地方競馬所属馬 2頭まで *外国調教馬 優先出走8頭まで ⁂負担重量ーハンデキャップ 戦 ⁂賞金 1着 3600万円、2着 1400万円、3着 900万円、4着 540万円、5着 360万円 ⁂年表 1996年 現3歳以上の馬による重賞レース(GⅢ)として第1回が阪神競馬場の芝2000mで開催される。 2001年 馬齢表示変更により出走条件を3歳以上牝馬に変更される。 2002年 地方競馬所属馬が2頭まで出走可能になる。 2005年 外国調教馬が4頭まで出走可能になる。 2006年 京都競馬場の芝2000mで開催された。 2007年 外国調教馬が8頭まで出走可能になる。 2020年 新型コロナウイルスにより無観客競馬で開催される。 2020年マーメイドステークスのレース結果 着順 枠 馬番 人気 馬名 性齢 斤量 馬体重 騎手 タイム 1 7 13 7 サマーセント 牝4 50 452(0) 酒井学 02:01.1 2 3 6 2 センテリュオ …

+ Read More

【函館記念】サマー2000シリーズの歴代優勝馬と歴史

【函館記念】サマー2000シリーズの歴代優勝馬と歴史

レースの概要 第1回から第3回までは、距離2400mで行われていましたが、第4回から現行の2000mに変更されました。 一時は負担重量が別定戦で行われていましたが、その時以外はハンデキャップ戦で施行。 2006年からは夏季競馬を盛り上げるため【サマー2000シリーズ】の第2戦に設定されました。 ⁂競走条件 出走資格ーサラ系3歳以上 *日本中央競馬会所属馬 *地方競馬所属馬 2頭まで *外国調教馬 優先出走 8頭まで ⁂負担重量ーハンデキャップ戦 賞金 1着 4100万円、2着 1600万円、3着 1000万円、4着 620万円、5着 410万円 年表 1965年 現3歳以上の馬による重賞レースとして、第1回が函館競馬場の芝2400mで開催される。 1966年 レース名を【農林省賞典函館記念】に改称された。 1978年 レース名を【農林水産省賞典函館記念】に改称された。外国産馬が出走可能になる。 1984年 グレード制導入によりGⅢに格付けされる。 1994年 札幌競馬場の芝2000mで開催される。 1996年 【函館競馬場開設100周年記念】の副称を付け、本年のみ地方競馬所属馬が2頭まで出走可能。 1998年 地方競馬所属が再び出走可能になる。 2001年 馬齢表示変更により、出走条件を3歳以上に変更。 2004年 【日本中央競馬会創立50周年記念】の副称を付けて開催される。 2006年 サマー2000シリーズ第2戦に指定される。 2009年 札幌競馬場の芝2000mで開催される。外国調教馬が8頭まで出走可能になる。 2012年 【近代競馬150周年記念】の副称を付けて開催される。 2014年 【JRA60周年記念】の副称を付けて開催される。 2016年 【函館競馬場開設120周年記念】の副称を付けて開催される。 2020年 新型コロナウイルスにより無観客競馬で開催される。 函館記念の歴代優勝馬 回数 施行日 場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 調教師 第1回 1965年8月29日 …

+ Read More

【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】の歴代優勝馬と歴史

【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】の歴代優勝馬と歴史

阪神牝馬ステークスの概要 1970年にレース名を【サンケイスポーツ杯阪神牝馬特別】に改称。 1984年のグレード制導入によりGⅢに格付けされ、1994年にGⅡに昇格となり負担重量がハンデキャップ戦から別定に変更された。 2001年にレース名を【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】に改称された。 2006年に【ヴィクトリアマイル】が創設され、本レースの開催時期を12月から4月に変更し、施行距離を芝1400mに短縮された。 ヴィクトリアマイルの前哨戦に位置付けられるようになった。 2014年から本レースの優勝馬に【ヴィクトリアマイル】の優先出走権が与えられるようになった。(地方競馬所属馬は2着馬まで) 施行距離は当初1800mだったが、1968年から2000m、1996年から1600m、2006年から1400mに変更されたが、2016年より再び距離が現行の1600mに戻された。 レース条件 出走資格ーサラ系4歳以上の牝馬 *日本中央競馬会所属馬 *地方競馬所属馬 ヴィクトリアマイル出走候補(3頭) *外国調教馬(9頭まで、優先出走) 負担重量:別定 斤量 54kg *2019年4月6日以降のGⅠレース優勝馬 2kg増、GⅡレース優勝馬 1kg増 *2019年4月5日以前のGⅠレース優勝馬 1kg増(2歳時の成績を除く) 阪神牝馬ステークスの賞金 1着 5500万円、2着 2200万円、3着 1400万円、4着 830万円、5着 550万円 阪神牝馬ステークスの歴史と歴代優勝馬 1958年 現3歳以上牝馬限定の重賞レースとして創設。第1回が阪神競馬場の芝1800mでハンデキャップ戦で開催される。 1970年 レース名を【サンケイスポーツ杯阪神牝馬特別】に改称。 1980年 京都競馬場の芝2000mで開催される。 1984年 グレード制導入によりGⅢに格付けされる。 1990年 京都競馬場の芝2000mで開催される。 1994年 GⅡに昇格される。外国産馬が出走可能になる。 1996年 地方競馬所属馬が2頭まで出走可能になる。 2001年 馬齢表示変更により競走条件を3歳以上の牝馬に変更される。レース名を【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】に改称される。 2006年 出走条件を【4歳以上牝馬】に変更、外国調教馬が5頭まで出走可能になる。地方競馬所属馬が3頭まで出走可能になる。 2007年 外国調教馬が9頭まで出走可能になる。 2014年 本レースの優勝馬に【ヴィクトリアマイル】の優先出走権が与えられる。 2020年 コロナウイルスにより無観客競馬で開催される。 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークスの歴代優勝馬 回数 施行日 場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 調教師 …

+ Read More

3歳馬が集う共同通信杯|トキノミノル記念の歴代優勝馬と歴史

3歳馬が集う共同通信杯|トキノミノル記念の歴代優勝馬と歴史

1969年から(トキノミノル記念)の副称がつけられております。 副称のトキノミノルは、1951年の皐月賞・東京優駿(日本ダービー)の優勝馬です。 東京優駿に出走して優勝してから17日後に破傷風で死亡し、トキノミノルは幻の馬と言われてきました。 出走レース10戦10勝です。1984年には顕彰馬に選出されました。 東京競馬場にはトキノミノルの銅像が建てられています。 共同通信杯の年表|トキノミノル記念 1967年 現3歳馬限定の重賞レースとして東京4歳ステークスのレース名で、東京競馬場の芝1400mで第一回が施行される。 1968年 中山競馬場のダート1700mで開催される。 1969年 トキノミノル記念の副称をつけて施行される。 1972年 馬インフルエンザの影響で5月に福島競馬場で開催。 1979年 中山競馬場の芝1800mで開催される。 1983年 レース名を共同通信杯4歳ステークスに変更される。 1984年 GⅢに格付けされる。 1993年 外国産馬が出走可能になる。 1998年 積雪のためダートコースで開催されたため、格付けが取り消しになる。 2001年 競走条件3歳に変更、合わせてレース名も共同通信杯に変更された。 2003年 中山競馬場の芝1800mで開催される。 2009年 外国調教馬が8頭まで出走可能になる。 共同通信杯の賞金 |トキノミノル記念 1着 3800万円、2着 1500万円、3着 950万円、4着 570万円、5着 380万円 共同通信杯の歴代優勝馬|トキノミノル記念 回数 施行日 場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 調教師 第1回 1967年2月5日 東京 1400m ホウゲツオー 牡3 01:25.5 加賀武見 山岡寿恵次 第2回 1968年2月18日 中山 …

+ Read More

ジャパンカップ|日本一の賞金をジャパンカップでゲットしよう!

ジャパンカップ|日本一の賞金をジャパンカップでゲットしよう!

ジャパンカップの賞金 1着 3億円 2着 1億2000万円 3着 7500万円 4着 4500万円 5着 3000万円 1着賞金額は日本競馬で最高額になっています。 ジャパンカップの年表 1981年 第1回はアメリカのメアジードーツが、当時のJRAレコードで優勝 1983年 地方競馬所属馬も招待対象に 1984年 グレード制導入。G1に格付け。カツラギエースが日本馬として初勝利。 1992年 国際G1に指定される。 2002年 中山競馬場(芝2200m)で行われる。 2008年 秋季国際G1競走シリーズ「ジャパン・オータムインターナショナル」に指定される。 2010年 1位入線のブエナビスタが直線で2位入線ローズキングダムの進路妨害により、2着降着。優勝馬はローズキングダムに 2,019年外国調教馬出走0頭。 日本馬の活躍 創設時は外国招待馬の活躍が目立ち、第4回でカツラギエースが勝ったのが最初で外国招待馬の活躍が目立ちましたが、外国招待馬の減少もありますが日本馬の勝率が上がっていきました。 1981年から2019年まで外国馬、日本馬の勝ち数は39回で日本馬25勝、外国馬14勝になっている。 ジャパンカップの歴代優勝馬 回 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 第1回 1981年 東京 2400m メアジードーツ 牝5 USA 02:25.3 C.アスムッセン 11月22日 第2回 1982年 東京 2400m ハーフアイスト 牡3 USA 02:27.1 D.マクベス …

+ Read More

x
No Deposit Bonus