Tag: 共同通信杯

3歳馬が集う共同通信杯|トキノミノル記念の歴代優勝馬と歴史

3歳馬が集う共同通信杯|トキノミノル記念の歴代優勝馬と歴史

1969年から(トキノミノル記念)の副称がつけられております。 副称のトキノミノルは、1951年の皐月賞・東京優駿(日本ダービー)の優勝馬です。 東京優駿に出走して優勝してから17日後に破傷風で死亡し、トキノミノルは幻の馬と言われてきました。 出走レース10戦10勝です。1984年には顕彰馬に選出されました。 東京競馬場にはトキノミノルの銅像が建てられています。 共同通信杯の年表|トキノミノル記念 1967年 現3歳馬限定の重賞レースとして東京4歳ステークスのレース名で、東京競馬場の芝1400mで第一回が施行される。 1968年 中山競馬場のダート1700mで開催される。 1969年 トキノミノル記念の副称をつけて施行される。 1972年 馬インフルエンザの影響で5月に福島競馬場で開催。 1979年 中山競馬場の芝1800mで開催される。 1983年 レース名を共同通信杯4歳ステークスに変更される。 1984年 GⅢに格付けされる。 1993年 外国産馬が出走可能になる。 1998年 積雪のためダートコースで開催されたため、格付けが取り消しになる。 2001年 競走条件3歳に変更、合わせてレース名も共同通信杯に変更された。 2003年 中山競馬場の芝1800mで開催される。 2009年 外国調教馬が8頭まで出走可能になる。 共同通信杯の賞金 |トキノミノル記念 1着 3800万円、2着 1500万円、3着 950万円、4着 570万円、5着 380万円 共同通信杯の歴代優勝馬|トキノミノル記念 回数 施行日 場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 調教師 第1回 1967年2月5日 東京 1400m ホウゲツオー 牡3 01:25.5 加賀武見 山岡寿恵次 第2回 1968年2月18日 中山 …

+ Read More

x
No Deposit Bonus