広島東洋カープ前売りチケットの買い方は?人気過熱で抽選販売へ変更も

広島東洋カープ前売りチケットの買い方は?人気過熱で抽選販売へ変更も

carp

広島東洋カープの前売り券購入〜店頭販売編〜

最初は広島東洋カープの前売り券で、店頭販売でチケットを購入する方法から見ていきましょう。

場所はマツダスタジアム窓口での販売となり、日時は3月1日(日)10時からとなっています。

取り扱いの席種はパーティ席を除いた全種となっており、1人5試合まで申し込み可能です。

インターネット購入よりもグランドに近い、前よりの席が購入できるとあって人気の購入場所となっています。

注意点としては人気の購入場所となっているため、3月1日に購入できるのは抽選に当選した1200人のみということです。

この抽選は2月23日にすでに行われており、抽選をしてない方は残席を3月3日(火)に並んで買い求めるかたちとなります。

(3月2日(月)は窓口お休みのため)

抽選以外で買う場合には残席があれば買うことができますが、3月3日に並ぶ人が多い場合には整理券が発行されることもあるのです。

ちなみに昨年は5万人もの人が殺到し、抽選券の配布が途中で打ち切られる状況となりました。

結果として1万人以上の人が抽選券をもらえず、怒号すら飛び交う異常事態となったのです。

昨年の当選倍率はわずか5%となり、買えた人は非常にラッキーでした。

今年も当然までは狭き門と予想されるため、店頭販売でチケットを求める場合にはそれなりの覚悟が必要でしょう。

なお支払い方法は現金のみとなっていますので、こちらについても注意してください。

広島東洋カープの前売り券購入〜コンビニとチケットぴあ編〜

続いては店頭販売の中で、各種コンビニとチケットぴあ窓口での購入方法を紹介していきます。

取り扱いのコンビニはセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンとなっていてコンビニごとの端末から申し込みが可能です。

チケットぴあに関しては窓口での受付となっています。

座席の種類は内野指定席A、内野指定席B、外野指定席、スカイシート、カープパフォーマンスB、ビジターパフォーマンス、3塁側パフォーマンス席、内野自由席となっており、座席指定をして申し込みができるのはファミリーマートのみです。

そのほか発行手数料や申し込み枚数の上限など、取り扱いの場所によって条件が異なりますので確認をしておくとよいでしょう。

そして何より注意したいのが、今年からはセブンイレブンに関してのみ店頭販売が廃止されました。

このことからセブンイレブン店頭とチケットぴあでは、3月1日(日)にインターネットで完売しなかった場合のみ取り扱いとなります。

昨年の上京などから完売は必至で、これら2つは実質的に店頭取り扱いは無いと踏んでいた方が良いでしょう。

そのため残りはローソンとファミリーマートですが、これらも当日の取り扱い開始前から並ぶ人がいる傾向となっています。

自宅のパソコンやスマホよりもアクセスが繋がりやすいこともあり、コンビニ端末からの申し込みが人気なのです。

またローソンに関しては先行販売でほとんど完売する傾向にあり、一般販売では開始数分で売り切れとなることが多くなっています。

なんにせよコンビニなどの店頭販売についても、非常に競争率の高いものと認識しておきましょう。

広島東洋カープの前売り券購入〜プレイガイド編〜

こちらはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、チケットぴあのプレイガイドを経由したインターネット出の販売についての紹介です。

各種プレイガイドで取り扱いの席種、手数料、申し込み上限に違いがあるのであらかじめ確認したしておいてください。

なおセブンイレブンは席種が多いらしく、ファミリーマートではS席とSS席の購入が可能となっています。

いずれのプレイガイドも販売開始と同時にアクセスが繋がりにくくなり、例年で回線がパンク状態となる状況です。

注文が殺到している状態のため、わずか数秒のロスでチケットを逃すことも多々あります。

繋がらない状況なことは予想しておいて、諦めずに何度もアクセスのトライをしましょう。

インターネットでの購入は、アクセスできるかどうかでも勝負の分かれ目となるのです。

またチケット購入後に、指定期間までに代金を振り込まないとキャンセル扱いとなります。

そのためキャンセル扱いとなったチケットが、後日に再販される可能性があるのです。

チケットを購入出来なかった方も支払い期限を確認しておき、その翌日から再販が無いかをこまめにチェックしてみると良いでしょう。

運が良ければ再販分が手に入るかもしれません。

広島東洋カープ前売り券の購入〜公式サイト編〜

最後はカープ球団公式サイト経由で申し込む方法となり、こちらはインターネットかFAXでの申し込みとなります。

まずインターネットの場合ですが、こちらマツダスタジアムでの店頭販売後の受付です。

つまり3月2日(月)からの受付となり、開始時間は10時からとなっています。

当日はサーバーにアクセスが殺到し、例年通りだと繋がらない状況がいつものことです。

またこちらのインターネット予約では、あくまで予約までが申し込み作業となっています。

その後に届くメールに予約の可否の返答があり、予約成立の文字があれば確定です。

そのため予約確定のメールが届くまでは、あくまで予約でありチケット入手とはなりませんので注意しましょう。

また申し込み時には球団サイトのID画必要です。

当日はサーバーアクセスが困難ですので、必ず事前にID交付の手続きを取ってください。

続いてはFAXでの申し込みですが、インターネット普及もあってこちらの方法ではほぼほぼ当たりません。

プラスアルファで申し込んでおく程度の方法として認識しておきましょう。

広島東洋カープの前売り券購入〜その他の方法編〜

carp

その他の方法には電話と、JR西日本の緑の窓口での購入方法があります。

電話の対応はチケットぴあ、ローソンです。

発売初日の3月10日に特別回線が設置されるのですが、ほぼ繋がることはありません。

もし繋がればラッキー程度に、チケット確保のためのプラスアルファとして知っておいてください。

もう1つの緑の窓口に関しては、事前の予約と抽選が必要です。

事前に緑の窓口を指定した上で、抽選に通ると販売してもらえます。

抽選は2月20日で終わっているので、知らなかった方は来年の参考としてみてください。

以上のように広島東洋カープの前売り券は、人気過熱から入手が難しくなっています。

複数の方法で抽選、予約をしないと人気の試合は入手出来ないでしょう。

今年の抽選に参加できなかった方は来年の参考にしつつ、3月1日からの販売分の入手に上記のいくつかを試してみてください。

インターネットにせよ、電話にせよ諦めないことが重要です。

アクセスできるまではなんとか粘ってみましょう。

当記事を読んでいただいた方の幸運を祈っております。