野球の練習着に必要な技術!日本メーカーの努力の結晶を感じられる!

野球の練習着に必要な技術!日本メーカーの努力の結晶を感じられる!

野球の練習着に秘められた高度な技術力!

baseball uniform

野球を愛してやまない日本のスポーツメーカーは、その練習着に対しても多くの技術を開発してきました。

野球選手の体をハードな練習から守る練習着たちには、どういった技術が込められているのでしょうか?

今回はその一部をご紹介していきます!

野球の練習着に要求される条件は多種多様である!

温暖化により夏の暑さはかつての比ではないほどに、野球を練習する選手たちの体に襲いかかっています。

練習着に求められるのは、スライディングや投球やバッティングの力を込めた大きな動作にも耐えられる頑丈さですが、それと同時に現在では高度な通気性まで確保する必要が生まれています。

頑丈なことは当然として、本来は頑丈さと反比例するような通気性などまで開発し、練習着に採用しなければならない状況が生まれているわけです。

酷暑に対する技術

メッシュ生地の採用が通気性を高め、汗に対する速乾性が選手の体から気化熱を奪い冷ましてくれるという能力を与えてもいます。

夏の過酷な練習から野球選手を守るための技術は、その繊維の編み方によって解決されているわけです。

繊維技術の進歩により、多くの機能性をもった練習着が生み出されています。

野球の動きを邪魔しない工夫

baseball uniform

練習着に求められるのはタフさだけではありません。

繊維の編み方を工夫することにより、ストレッチ性を重視した生地を作りあげつつ、同時に丈夫さを併せもたすという技術もあります。DESCENTの製品などの特徴の一つです。

また繊維をポリエステルだけでなく、ポリウレタンも配合することで従来生地よりもストレッチ性を高めるといった技術もあります。

フィット感を高める立体的な構造を持たされた練習着

野球選手の体に合うよう、蓄積されているデータから立体的な構造を予想してデザインされた練習着も数多く発売されています。

練習着の体にフィットすることで動きの妨げを軽減してくれています。

破れやすい場所に生地を増設

膝やお尻など、負担がかかりやすく破れてしまいやすい場所が練習着にはあります。

そういった部分に生地を増設することで、練習着を着用している選手の体を守ります。

メーカーの提案の一つに、全体を補強したものを使うのではなく、練習の内容によって負担がかかりやすい場所に生地の増設を行った練習着を使い分けるべきだというものがあります。

そうすることで重量と束縛から解放され、ムダな疲労を防ぎ、より効果的な動きが可能になり、高度な練習を選手にフィードバックできるからです。ミズノなどではそういった使用法を推奨しています。

野球の練習着の泥汚れに対する技術!

baseball uniform

野球の練習着にとって避けられないものの一つが泥汚れです。スライディングの練習などしようものなどなら、生地には大量の土が即座に付着してしまうことになります。

泥汚れに対する対策も野球の練習着に要求されてきた課題の一つです。

この泥汚れに対しては、複数の解決策があります。

最も研究されてきたテーマの一つであるため、各企業の技術的な着眼点がそれぞれに異なる興味深い分野でもあります。

ハイゲージ糸の使用で練習着を泥汚れから守る!

繊維の表面の凹凸を無くしたハイゲージ糸を使用することで、摩擦を減らし、泥の付着しやすさそのものをコントロールするという考え方もあります。

Rawlingsなどで採用されています。

またハイゲージ糸の肌触りは凹凸がないため、なめらかなものとなり、肌触りの良さというメリットも発生させています。

繊維の表面に泥を弾く樹脂を塗り込む!

繊維の表面に汚れを防ぐ樹脂を塗り込むという行程を選んだ解決策も、汚れの繊維深くへの沈着を防いでくれます。これはミズノの製品に見られる技術です。

繊維の一本一本にまで樹脂によるコーティングが行われています。

繊維の表面に対して特殊な加工を施すことで泥汚れを落としやすくする!

繊維の表面を加工し、洗剤や水などが浸透して汚れを落としやすくさせた製品もあります。DESCENTの製品で見られます。

野球の練習着に対しては多くの技術が投入されている!

日本人に愛されているスポーツが野球であり、少年野球からベテランの草野球まで多くのシーンで練習着は必要となっています。

練習着を選ぶために最良な条件は、実際に着てみたとき、それが体に合うかどうかになりますが、練習着に導入されている技術を重視して考えてメーカーを選ぶことも有効な選択です。

また自分が使っているアイテムに対して用いられている技術を知ることは、それだけでも楽しくもあります。

まとめ

baseball uniform

野球の練習着にも多くの技術があり、各メーカーの努力が反映されたアイテムとなっています。

自分に合った練習着を見つけるための一つの手段として、練習着に対して自分がどんな機能を求めているのかを考えてみることもオススメです。

こちらのニーズに適したアイテムを、メーカーは必ず作り出してくれています。